脳のメカニズム~習慣の法則~前半


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

道はこうして切り拓く!横山先生 激動の半生

今や「上司のプロ」として、2万人以上のビジネスパーソンと接し、3000人以上の採用面接に立ち会い、のべ1000人の部下を指導した経験を持つ横山信治先生。目標達成のメソッドについて考える講座「脳のメカニズム~習慣の法則~」2部構成の第1部です。

数々のビジネス本の出版やセミナーの講師としても名高い横山先生。これまでの歩みを紹介すると、日本信販(株)(現三菱東京UFJニコス)で全国ナンバーワン営業マンとなり、ソフトバンクファイナンスに転職後も、日本初のモーゲージバンク、SBIモーゲージ(株)を設立するなど業界を牽引。東証1部上場の金融グループで役員、社長を経て、独立しました。現在は、株式会社 オフィス・フォー・ユー 代表取締役を務めています。大変な功績を残してきた横山先生ですが、その経歴からは想像もつかないほどの苦難に見舞われてきました。しかし、これを乗り越えたからこそ、後の活躍が待っていたのです。横山先生の基礎を作った、山あり谷ありの半生とは。横山先生のメソッドがさらに深まる内容になっています。

うつ病で心神喪失。一冊の本が人生を変えた

仕事や人間関係がつらくて、毎日なんとか生きている、そんな方もいるかもしれません。今の快活な人柄からは、微塵も感じさせませんが、横山先生もストレスを抱え、心身ともに疲れ切ったサラリーマンの1人でした。全国トップの営業成績を誇り、自信に満ちあふれた毎日から一転して、ドン底に。果たして、横山先生の身に起きた予想外の転機とは。

病院にも通い、いのちの電話に頼るほど思い悩んでいた横山先生ですが、ある1冊の本との出会いが、心を動かします。時は、金融危機と呼ばれた2000年。北海道拓殖銀行をはじめ、山一證券など名だたる金融機関の倒産が続いた年です。転職をしても、年収は半分か3分の1になると言われた時代ですが、横山先生は本の影響を受け、意を決して転職活動を始めました。しかし、この第一歩が、一度は地獄を見た横山先生の人生が、再び輝きを取り戻す契機となるのです。ただのサクセスストーリーではない、横山先生の半生は、ビジネスパーソンなら誰しもが感銘を受けることでしょう。ぜひ、この講座で学んで下さい。

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約31分
必須知識
特になし
担当講師

#

横山 信治(よこやま のぶはる) 先生

株式会社 オフィス・フォー・ユー 代表取締役

1982年 日本信販(株)(現三菱東京UFJニコス)入社
営業成績全国最下位のダメ営業マンから、全国No1営業マンへ。 2001年2月 ソフトバンクファイナンスに転職し、日本初のモーゲージバンク、SBIモーゲージ(株)設立。
当初4人でスタートした会社を、従業員250名、店舗数191店舗の上場会社へ成長させる。
東証1部上場の金融グループにて役員、社長を経て独立。
これまで2万人以上のビジネスパーソンと接し、3000人以上の採用面接に立ち会い、延べ1000人の部下を指導した経験を持つ「上司のプロ」。多くのビジネスパーソンが気付いていない、仕事のコツを伝えるため、講演、執筆活動を行う。

【著書】
・「仕事に幸せを感じる働き方」(あさ出版)
・『入社1年目から使える「評価される」技術』
・「リーダーの基本」(かんき出版)
・「上位20%に入れる人だけが一生成功する」(大和書房)
・「今は苦しくても、きっとうまくいく」(PHP研究所)
・「やる気の伝え方」(徳間書店)
・「100言ってもできないダメ部下を動かす上司の言葉」
 (KADOKAWZ/中経出版)